ボーイスカウト活動

 活動の始まり
 1907年、イギリスのベーデン・パウエル卿が自らが隊長となり、ブラウンシー島で20人の少年たちとともに実験キャンプを行ったのが、ボーイスカウト活動の第一歩でした。今では世界に169の国と地域、約4000万人、日本全国には団といわれる活動母体が約2,000あり、約10万5千人が活動しています。

 

 ボーイスカウト活動とは
 ボーイスカウト活動は、子どもたちの自発性を大切にしています。野外活動を中心に、グループでの活動を通じて、「前に踏み出すこと」「考え抜く力」「諦めない心」「チームワーク」など、社会で求められる自主性、協調性、社会性、たくましさやリーダーシップなどを育んでいきます。

 ボーイスカウトエピソード
 アメリカの宇宙飛行士の2/3以上が、またアポロ計画で月面に立った宇宙飛行士の12人中、11人がボーイスカウト出身者です。探求心や、強靭な体力と精神力が求められる宇宙飛行士。日本で初めて国際宇宙ステーションのクルーに選ばれた野口聡一宇宙飛行士もボーイスカウト出身です。

  国際性豊かな青少年団体です

 2015年には第23回世界スカウトジャンボリーが山口市で開催され、世界155の国と地域から約3万4,000人が参加しました。
 2019年アメリカで開催される第24回世界スカウトジャンボリーには、日本からも多くのスカウトが参加し、生きた国際交流を体験します。